【軽くて吸引力抜群!】Shark EVOPOWER W35 をレビュー!

どうもザックです!

今回の記事ではタイトルの通りShark EVOPOWER W35というハンディクリーナーをレビューしてみました。

私の使ってみた簡単な感想としては、軽くて安いが吸引力があるハンディクリーナーという印象を受けました。

試しに家の階段を掃除してみましたが、かなりゴミを吸い取ってくれます。



Shark シャーク EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー (Shark EVOPOWER W35

Shark EVOPOWER W35の付属品

  1. 説明書兼保証書2年間
  2. Shark EVOPOWER W35本体
  3. 充電ドック(バッテリー用 / ノズル収納1ポケット)
  4. バッテリー二個(出荷時一つは本体装着、二つ目はドッグ装着)
  5. マルチノズル(布団用ノズル右上隣)
  6. 布団用ノズル(本体右上)
  7. 隙間用ノズル(本体右下)
  8. フローリング用延長ノズル(W35Pのみ付属、別途購入可能)

Shark EVOPOWER W35のスペック

Shark EVOPOWER W35
バッテリー電圧 10.8V
消費電力 90W
電流 8.3W
本体重量 約620g
サイズ 高さ 419.1mm × 幅 53.5mm × 奥行 60.96mm(使用時)
充電時間 約二時間半
運転時間 約24分(バッテリー二本使用時)

Shark EVOPOWER W35の特徴

バッテリー残量が一目で分かる!

これが意外と便利なもんで、何が何だか分からないままバッテリー切れ起こしたら、「あり?壊れた?」という状況になりやすいです。

でも、一目で三段階のバッテリー残量が確認することが出来ればその心配もないです。

バッテリーが二本同時充電可能!

一本は本体装着で充電、もう一本は充電ドッグ装着といった形で充電します。

これがこのShark EVOPOWER W35の機能の中で一番便利だと私は思います。

他のハンディクリーナーはバッテリーが切れたら、充電タイムを挟まなければいけないのですが、

このハンディクリーナーは、デフォルトで日本のバッテリーが付属しており、しかも二本同時充電が可能なので、

この機能を使って掃除前、前日に二本充電しておけば、片方のバッテリーが切れてもすぐに掃除再開が可能となります。

ダストカップは取り外し洗浄可能!

掃除を続けているとゴミがたまり、普通に捨てるだけでは取り切れないカップに張り付いてしまっているゴミのせいで

一度にカップに入るゴミの量が、少なくなって来ることがあるかと思います

しかし、このShark EVOPOWER W35、W35Pでは、ダストカップを取り外すことが可能なので

水洗いができます。これで吸い取れる量がゴミのせいで減る心配はなくなります。

コードレススティックと同等の吸引力!

これは、使ってみた私が思うに本当です。最初にも書いた通り、階段を掃除した時、めちゃくちゃ吸ってくれました

他にも、普通のコードレススティック型掃除機や、キャニスター型(ゴミを吸う場所と溜める場所が分かれているデカいやつ)

よりもノズルが小さいためか、細かい端っこや角の部分まできれいになっていました。

コードレススティック型との2WAY!

このフローリング用延長ノズルはデフォルトでついている機種はShark EVOPOWER plus W35Pという、ものですが、

Shark EVOPOWER W35にも別途購入でつけれるようです。

正直、下手に安いコードレスクリーナー買うより、Shark EVOPOWER plus W35PやShark EVOPOWER W35にフローリング用延長ノズル

を付けた方が全然吸引力もあって良いと思います。



 

この商品がおすすめの方

  • 軽い掃除機が良い方
  • 掃除機の置き場所に困っている方
  • 吸引力が欲しい方
  • ハンディ要素だけではなくコードレスクリーナーとしても使いたい方
  • 細かい場所が掃除したい方

個人的な感想

本体が小さい割に凄い吸引力が凄いあります。

個人的に一番アドバンテージだと思うのが、コードレススティック型との2WAYができることだと思います。

フローリング用と布団や細かい部分用でと、買わずにアタッチメントだけ買かって、付け替えれば済むからです。

おすすめです!

Shark シャーク EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー (Shark EVOPOWER W35

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ